就活ESはいつから?業界別提出時期を総ざらい

就活の良いスタートを切るにはエントリーシートの作成を早めに準備することが大切です。

いざ就活が解禁されるとスケジュールがバタバタで、準備不足で思うような文章が書けず、自分を表現できないまま就活が始まってしまいます。

業界で微妙に提出時期が異なるので、自分の目指す業界の時期を把握して送れないよう計画的に準備しましょう!

就活でES(エントリーシート)をいつから準備する?

エントリーシートは例年3月から4月にかけて提出します。

就活解禁となる3月1日から1か月後には提出が始まり、3月1日から始まるのは会社説明会やプレエントリーですがその場でESを配り、提出開始まであと1ヶ月となり始まります。

企業側は早いうちから優秀な学生を確保したいので選考は早い段階からスタートしてしまうのは納得です。

早期にエントリーシートを提出するメリット

企業は早いうちからエントリーシートを出してくる人=志望度が高いと見てしまう傾向にあるので手を抜くことはマイナスポイントになりますので、早期に提出が必須となってきます。

提出が早ければ早いほど企業側はエントリーシートを見る時間があるのでじっくり見ることができ、適正な判断をしてくれます。

特に大手などは応募母数が多く一度に大量のエントリーシートを見なくてはならないので大変で、一人一人にじっくり見る時間などありません。

まっすー

「最初から○○番以内に届いた就活性は面接」なんて企業も。即日速攻です!

なのでいち早く書き上げ速やかに提出しましょう!あなたの熱意がダイレクトに伝わるので良い第一印象をゲットしましょう!

以下は実際に内定を獲得したESを集めたもので、めちゃめちゃ参考になると思います。

>>無料!人気企業上位100社における内定者のES(エントリーシート)集はこちら

業界別エントリーシートの提出時期

エントリーシートの提出時期は業界によって異なりますが、一般的には面接解禁の6月から1~2か月前の4月か5月に多いようです。

例えば、3月の合説でエントリーシートを早期に配り4月5月で締め切ってしまいますので注意が必要です。

業界ごとの提出時期

業界 提出月
テレビ業界 1月中
新聞業界 3月上旬
広告業界 3月上旬
プラントエンジニアリング業界 2月末~3月上旬
関西私鉄 3月末~4月上旬
旧国営企業 3月末~4月上旬
JR 3月下旬
エネルギー(電力やガス)業界 3月下旬
電機メーカー 3月下旬
IT業界 3月下旬
商社 3月下旬
スポンサーリンク

エントリーシートの締め切り過ぎて提出したらどうなる?

基本的には受理されず見てくれないというケースがほとんどだそうです。

ほんとに志望しているのなら事前に締め切りを調べ遅れないように提出できているはず。と見るのが一般的です。

企業に締め切り後に届いたエントリーシートは廃棄されるでしょう。まれに受け取ってみてくれる企業がいるとネットなどに書かれていますがそれは極稀な場合です。

たまたま仕事が長引いて届いているエントリーシートを見ている最中であったや、これから見るなど、提出期限に甘い企業です。きっちりダメなものはダメとなるのが優良企業ということでしょうか。まぁ当たり前ですよね。

まとめ

とにかくエントリーシートを貰ったら即書いて提出日解禁となったその日に送るのがベスト。

忘れたや遅れたは社会人にとっては言語道断です。

遅れるという行為の罪の重さは学生のころと比べ、社会に出ると厳しいんです。くれぐれも遅れることのないように注意してください。

合わせて読みたい
ESの書き方やSPI・自己PRの書き方に迷われてる方は、こちらの記事で紹介している誰でも簡単に作成できるマニュアルがおすすめです。合わせてご覧ください。
就活で役に立つES対策マニュアルを無料でダウンロード! 就活を有利に進めるなら就活エージェントがおすすめです。以下の記事で詳しく解説しています。
就活エージェントおすすめ14社を比較【内定欲しいなら絶対活用】