フリーランス向け仕事紹介サイトは3種類!利用する際の注意点とは

フリーランスにはフリーランス向けの仕事を紹介してくれるサービスがあります。

なので、フリーランスだからといって、全て自分で案件探しから行うものというわけではありません。便利なサービスは全て使って手間を省きましょう。

今回は、フリーランス向けの仕事紹介サイトを紹介するとともに、利用の際の注意点を合わせて解説しているので、登録した後に困ることの無いようにしましょう。

フリーランスでも仕事紹介してもらえる


フリーランスは、仕事を見つけるために自力で営業活動をして仕事を探しに行く、というイメージがある方もいるかと思いますが、実際のところはそうではありません。

転職サイトのように、エージェントに紹介してもらうのが最も手軽に簡単にできる仕事探しの方法なんです。

以下で紹介するサイトたちに登録することで、営業という労力をかけずに仕事を獲得することができます。

フリーランス向けの仕事紹介サイトは3種類


フリーランス向けに仕事紹介してくれるサイトカテゴリーは大きく分けて、3つあります。

  • エージェントサービス
  • クラウドソーシング
  • 案件紹介サイト
順に特徴を解説していきます。

エージェントサービス

エージェントサービスは、登録者にエージェント(キャリアアドバイザー)が付き、一人ひとりにあった仕事を紹介してくれるサービスです。

営業が苦手な人や、仕事を探す手間を減らしたい人は積極的に登録したいサービスです。

エージェントに登録しておけば、案件を紹介してもらえるばかりか、一つの案件が終了したらまた別の案件を紹介してくれます。

まっすー

また、エージェントは請求書を作成してくれたり、事務作業も代行してくれるサイトもあるため登録しておいて損はありません。

利用料は無料ですが、仕事の案件の報酬の10〜20%がエージェントの取り分となり、サービス利用料として徴収されます。営業代行や案件獲得にエージェントさんが尽力してくれるため、メリットの大きい内容と言えますね。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、オンライン上で不特定多数の人に業務を発注することを言います。

クライアントとなる発注者は、人材の費用を掛けずに社外の労働力を確保できるので必要がある時にピンポイントで仕事をお願いでき、労働者は働きたい時に働けるので双方にメリットのあるサービスとなっています。

まっすー

日本では、クラウドワークスやランサーズが有名ですね。

どちらも案件が多数ありますが、自分に実績や経験が無いのであれば、最初から稼ぐのは厳しいです。

案件紹介サイト

転職サイトのように、ただ案件を探しそれに応募するという形のサービスは今となってはありません。

そういったサイトも昔は有りましたが、エージェントサービスのようにキャリアコーディネーターが一人ひとりに付き、案件紹介に寄り添うというサービス体系が主流となりました。

よって、ただの案件紹介サイトより、エージェントサービスのほうが優位性が高いということは、これまでの説明でお分かり頂けたと思います。

まっすー

その理由として、手数料は引かれはしますが、相手先の情報整理や営業・事務といったあらゆる業務もサポートしてくれるので、利用するメリットが大きいからです。
スポンサーリンク

仕事紹介におすすめなエージェントサービス

ここからは、仕事紹介をしてくれるエージェントサービスを紹介していきます。どれもフリーランスには、メリットしかないサービスたちなので、無料登録だけ済ませて必要な時だけ利用するという使い方でも良いですね。

  • レバテックフリーランス
  • クラウドテック
  • ミッドワークス

レバテックフリーランス

<
  • 業界最大の案件数
  • 独自案件で発注額が高い
  • 圧倒的な低マージン
  • 交渉でより高い単価を実現
レバテックフリーランスは、システムエンジニアやウェブデザイナー向けの案件紹介サービスです。

業界最大の案件数から、ぴったりな案件を見つけれるので収入アップにつながります。

まだフリーになるか決めていない方や、情報収集したいだけの方も気軽に聞けるのでぜひ登録してみましょう。

クラウドテック

  • 案件数がとにかく多い
  • クラウドワークス運営だから安心
  • 常駐以外にもリモート案件も多数掲載
  • 週2・3の時短勤務もあります
クラウドテックも、システムエンジニアやウェブデザイナー向けの案件紹介サービスです。

クラウドワークスが運営しているサービスだけあって、案件数はとにかく多いので、希望の案件が探しやすいです。常駐以外にもリモートの案件も多数あります。

週2、週3といった時短勤務や働く日数が少ない案件もあるのが嬉しいポイントです。

ミッドワークス

エンジニアの新しい働き方を応援する「MIDWORKS」
  • 正社員並の保証を受けられる働き方ができる
  • フリーランスの仕事の種類が多い
  • 常駐以外にもリモート案件も多数掲載
  • 週2・3の時短勤務もあります
ミッドワークスは、正社員並の保証を受けられるフリーランス向けの案件紹介サービスです。

正社員並みの保証というのは、年金・保険といった控除される金額をミッドワークスが払ってくれ、案件が途切れないようにしれくれます。

週2、週3といった時短勤務や働く日数が少ない案件もあるのが嬉しいポイントです。

仕事紹介におすすめなクラウドソーシング

ここでは、仕事紹介におすすめなクラウドソーシングサイトを紹介します。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
この2つが日本でシェア1位・2位なので両方に登録しておけば間違いないです。

クラウドワークス

  • 最短15分マッチングで早い
  • コインの評価が目に見えて質が判断できる
  • 多種多様な仕事で会員数222万人突破
運営会社 株式会社クラウドワークス
会員数 200万人以上
仕事カテゴリー 200種以上
利用料金 登録、仕事への応募0円
システム利用料 報酬の5~20%

クラウドワークスは日本最大級の仕事マッチングサイトです。

募集している仕事はエンジニアやライター、デザイナーなど仕事カテゴリー200種以上、幅広く取り扱っています。

会員登録と発注手数料が無料なので依頼主と働き手お互いにメリットがあります。仕事の依頼数約207万件を超え、登録者数約222万名突破。

ランサーズ

  • クラウドソーシング大手多くの仕事が集まる
  • 大手企業や中堅ベンチャーも利用
  • 仕事発注、利用の手数料は無料
運営会社 ランサーズ株式会社
会員数 100万人以上
仕事カテゴリー 140種以上
利用料金 登録、仕事への応募0円
システム利用料 報酬の5~20%

ランサーズは日本最大級のの仕事マッチングサイトです。

依頼件数140万件、総額1130億円以上の仕事の依頼があります。金額はクラウドワークスよりも多いですね。

  • Webシステム開発
  • スマホアプリ製作
  • ホームページ制作
  • ロゴ作成
  • イラスト作成
  • 記事製作、ライティング

などがあります。他の仕事を組み合わせることも可能!

簡単な事務作業の仕事もあるのでどなたでも気軽に始めることができます。バリバリ仕事しましょう。

スポンサーリンク

案件紹介サイト

ここからは、案件紹介サイトを紹介していきます。

  • NOMAD WORK DESIGN
  • flexy
案件紹介サイトは、エージェントサービスを登録しながら、案件紹介サイトで気になる案件を見つけたら、「エージェントの方に似たような案件はありませんか?」と聞く形で進める形がおすすめ。

これをすることで、美味しい案件をエージェントに探してもらうといった、エージェントを上手く活用した探し方ができます。

そういう意味で、案件探しとして登録しておいて損はないので、ぜひ登録を済ませておきましょう。

NOMAD WORK DESIGN

  • プロジェクトベースで働くける
  • フリーランスの仕事の種類が多い
  • 常駐以外にもリモート案件も多数掲載
  • 週2・3の時短勤務もあります
NOMAD WORK DESIGNは、これから独立起業を考えている方向けに全ての業務を一人で請け負うのはちょっと、というニーズに応えたサービスです。

プロジェクト単位で求人の要請があるので、好きな時間・好きな場所といったように縛られない働き方がしやすいです。

よって週2、週3といった時短勤務や働く日数が少ない案件もあるのが嬉しいポイントです。

flexy

  • 週1から働ける案件紹介サイト
  • 自社サービスを展開している企業が多く独自案件の仕事ができる
  • 登録者限定のイベントに参加できる
  • 週2・3の時短勤務もあります
flexyは、エンジニア・デザイナー向けに作られた週1からできる時短勤務の仕事紹介サービスです。

正社員でも登録することが可能で、休みの日や空き時間に仕事がしたいといったニーズに応えるスポットでの仕事がたくさんあります。

登録企業は、自社サービスを展開している・予定している企業がほとんどなので、唯一無二なオリジナルの仕事ができる。

仕事紹介サイトを利用する際の注意点


今回紹介したような仕事紹介サイトを利用する上で、以下の点を注意してください。

仕事紹介サイトを利用する際の注意点
  • 自分の生活基準を軸に考える
  • 対面で面談や契約書といった書面で確認
  • 案件の途切れに注意
一つ一つ大切なことなので、順に見ていきましょう。

案件探しは自分の生活基準を軸に考える

案件を探す際、なかなか自分の希望の単価・仕事内容に合うものがないと、簡単に単価を下げて交渉しまいがちです。

しかし、そうなってしまうと生活が不安定になってしまい中々仕事にも意欲的になれません。不安な状態では、色々なこともうまくいきませんよね。

したがって、自分が案件を受ける基準を作るには、自分の必要な収入と案件をこなせる時間を計算することが大切です。

いくら大きな金額を貰える案件だからといって、何ヶ月もかかってしまってはマイナスな分が大きくなってしまいます。1日単位で必要なお金を計算して、それを回収できるほどの仕事となるのか。今一度確認してみましょう。

対面で面談や契約書といった書面で確認

案件紹介サイトは、営業をしなくても仕事を探せるので、フリーランスになりたての方や、営業をしたくない方にとって重宝するサービスです。

しかし、発注者(クライアント)と面と向かって話す機会がないため、本当にお金が支払われるの?などと不安に思うこともあるかと思います。

そんな方は、契約書を作成して送付したり、対面で面談をするなりして不安を解消しましょう。案件紹介サイトに登録するとエージェントが付いてくれてそういった仕事を代行してくれますが、不安な方はまずはエージェントに相談してみましょう。

案件の途切れに注意

フリーランスで不安に思われる方で多い悩みが、「案件が途中で終わってしまって、仕事が途切れたらどうしよう」という悩みです。

来月から仕事がなくなり、無収入を心配する人も数多くいます。しかし、フリーランスにとってそういった可能性はゼロではないため、突然契約終了のリスクは仕方がないといえます。

こういった事態を回避するためには、少額でも負担の少ない案件を数多くこなしておく、というのがおすすめです。案件が途切れても次新しい案件にチャレンジすることができますし、数をこなしたという実績も作れます。

まとめ

今回は、フリーランスの仕事紹介サイトとサービスを利用する上での注意点について解説してきました。

フリーランスにとって、こういったサービスに登録するのは必須なので、利用方法と注意点を守りつつ稼げるフリーランスになりたいですね。

どこに自分にあった案件が舞い込んでくるかは分からないので、複数のサービスに登録していつでも対応できるようにしておきましょう。エージェントも一人でも多くの味方に付けたほうがオトクです。