現場事務はきつい?大変?メリット・デメリットを徹底解説

今回は現場事務って男ばっかで大丈夫?仕事はきつくないの?と中々調べても出てこない事もあると思います。

初めて現場事務という言葉を聞いて働いてみたいけど、よく分からないという方は多いのではないでしょうか。

まっすー

以前僕は建設会社で設計者として働き、普段から現場事務で働く方を見てきました。

そんな方々を見てきた中で、現場事務の仕事のメリット、デメリットと感じた部分があるので、それぞれ解説していきたいと思います。

やりがい多くて楽しい?現場事務のメリットとは?


仕事内容に関しては一般の事務とさほど変わらないでしょう。

  • 電話番
  • 書類のコピー
  • 役所に出す書類の作成
  • 来客時のお茶出し

以上ははどこの会社の事務の仕事としても上げられるものなので、経験された方も多いのでないでしょうか。

どういう男性が働いているの?男性が多いことのメリット

大きく分けて、職人さんと呼ばれる方(モノを作る作業をされる)と、職人さんと工事現場を仕切る現場監督に分かれます。とにかく現場で働く男性の方は気のいい方が多いと思います。

現場で働く男性は雨風、暑さ寒さ、気の荒い職人さんや無謀な工程、突発で起こる予想できないトラブルと日々戦いながら仕事をしています。

現場事務所というのは、頭や心を落ち着かせる為の休憩の場所であり、種類作成や電話対応、時には癒しを求めて事務所に帰ってきます。

そんな帰る場所に寛容なお母さんのようないてくれるだけで、男性としてはとてもありがたいです。

夏には冷たい麦茶を用意したり、手が空いている方にはお茶を出してあげたり、どんな話でもうんうんと答えてあげてください。そういうちょっとした気遣いでおじさん達に可愛がられ、娘のように扱ってくれます。

特に、年の近い男性なんかは妹のように可愛がってくれます。

女性だけという利点

女性がいることで安心する方も多いと覆いますが、逆に女ばかりの職場で疲れてしまったという方もおられるのではないのでしょうか。

女性が集まると派閥や、徒党を組み、いがみ合いや付き合いなどたくさんあると思います。

女性特有のイザコザがあると仕事がやりずらくなったり、毎日憂鬱な生活になってしまいます。そんな女性を見ていると、「女の人って大変だな~」と男性目線で思います。

そういった要因でまわりに女性がいないということはとても気が楽だと思います。

娘や妹のように可愛がってもらえる

上の文でも書いたのですが、娘や妹のように可愛がってもらえるというのはとても利点です。

休憩の時は、コーヒーやジュースを買ってくれますし、飲み会代は安くしてもらえたり、時には「出さなくていいよ」なんて言ってくれたり。
会社に行くのにお財布がいらない感じでラッキーな思いもできます。

その他に、地方だと畑や作物をしている方が多く「収穫したから持ってって~」なんて言って、よく野菜や果物のおすそ分けをもらうこともあります。そんな方を僕は横目で見ながら心の中で「いいなぁ~」と思ってます。笑

建物が出来あがる過程を見れる

工事、建設現場であるが故、建物が出来上がる過程を見れるのは特権です。

普段なかなか見ることができない現場や建物を毎日目の前で見学できる体験はなかなか出来ません。特殊な建物なら尚更!

所長や、現場監督が関係者以外入れない内部のトコまで案内、解説付きで連れて行ってくれます。

つらくて大変?ネイルも禁止?トイレも共用?現場事務のデメリットとは

男女で共用?トイレ問題

トイレは共用が一般的でしょう。

現場によっても様々なのですが、トイレが仮設(共用)か現場のものかで掃除の有無も変わってきます。当然男性が使うトイレは汚れていたり、匂いが気になったりしてしまいます。

ですがそこの現場の予算や働く人の人柄の良さに変わってきますが、女性用トイレをつけてくれるとこもあるそうです。

現場事務所のトイレ問題!どういうトイレ?設置義務はあるの?

清潔でない環境問題

場所にもよりますが、事務所は町の中心部でない場合がほとんどで、プレハブが一般的です。

都心のオフィスしか経験ない方だと最初はカルチャーショックを受けるかもしれません。

土足が当たり前で、泥や土、塗料や、材料のくず、ほこりなどが蔓延した環境から男性は事務所に帰ってきます。

床は汚れますのでこまめな掃除は必要でしょう。「きれいなオフィス環境」を重視するのであれば難しいでしょう。

女性同士の話ができない

やはり女性の気持ちは女性しか分かりません。

女性はおしゃべりが好きというのは分かっています。

女性の服とか趣味だったり、女性でしかできない話を話せる相手が欲しいという方には厳しいかもしれません。

スポンサーリンク

現場事務は女性におすすめです【結論】

建設業界はどうしても3K「きつい・汚い・危険」というイメージが横行し、そんなことないよ、といっても伝わらないのが現状です。

現場事務という仕事も魅力ある仕事なのですが、建設ジャンルということで敬遠する人も多いのでは?

ですがこの仕事のメリットを知っていただき、多くの方に志望してもらいたいと思い書きました。参考になれば嬉しいです!
現場事務とは?仕事内容・面白さ・求人を解説【実は知られてない】