就活の面接対策・履歴書対策は本よりも就活イベントがおすすめ!

どーも!まっすーです。
就活対策をろくにせずに就活に突入して内定がないまま秋に突入。。。焦りますよね。。
僕も院試に落ちてそれから就活をスタートしたので就活対策なんて全然してませんでした。。ですが今ならイベントが開催しているのでこの機会を逃すのはもったいない!!
そんな就活対策もできるイベントに行って、ついでに内定もゲットしちゃいましょう!

⇩即日内定ゲットできるイベントはこちら⇩

就活の面接対策!効果的なやり方!

就活の面接対策をしない、してない人が上手くいかない理由

就活では面接が就活での大きなウェイトを占めます。1次面接、2次面接、最終面接と面接は続いていき、重要度は増していきます。
ですが就活生の多くは対策不足で本番に臨んでしまい、本来の力を発揮できていないと感じます。
面接官は自分より年上の目上の人。なかなか同じような環境では準備できないですよね。

いつから準備するのがベストなのか。期間よりも回数が大事。

早ければ早いほどいいといいますが、早くから手あたり次第にやるのがいいわけではありません。
早くから対策をしても緊張感のない練習を繰り返してもダメで。本番を想定した環境を準備し、繰り返し体に染み込ませるのが重要です。
実際の面接では緊張と初めて行く会社の会議室で本来の自分を出すとことが難しいことがほとんど。
回数をこなし自分ならできるという自信をつけましょう。
練習相手は普段の生活から可能です。目上の人、年上、や学校の先生など、何聞かれてもすらすら言えるように、発表や発言の場では積極的に行いましょう。

大人達と話す回数を増やしましょう。思い通りの返答が返ってこないように質問してみるのもおすすめ。あえて応えづらい質問が返ってくるように話してみると自分は思った程対応できない!って自覚します。後はその繰り返しですよ~

まっすー

質問を想定した練習は必要?おすすめはキーワードを3つ決めておく事!話す内容を3つに絞る。

これもあまり意味ある対策ではありませんね。
よく聞かれる質問を暗記してもそれを当日の緊張感のなかすらすら言える事は難しいからです。
なので言いたいことを3つキーワードを決めておくことがいいでしょう。

僕の場合、趣味は「筋トレ」「読書」「パソコン」
学生時代に特に打ち込んだことは「ロボット研究」「プログラミング」「学校に寝泊まり」って感じですね。キーワードを思い浮かぶと言葉が自然と出てくる感じにしちゃいましょう!説明したくなる感じがGood

まっすー

そうすることで毎回説明する言葉は変わると思いますが、内容、テーマが同じなので応用が利きますしキーワードで覚えるので思いついてパット言葉が出てきやすいんです。

【おすすめ】面接対策は就活イベントの参加がおすすめ!

そこでおすすめなのは【就活イベント】。
目上の人、ここではいきなり社長や、採用を決定する重役が参加します。こんな緊張感のある環境は自分では作れないし、時期的に秋を過ぎたら厳しくなります。
イベントでは一人一人と話す時間が設けられ、そこで面接対策ができます!座談会のようなリラックスできる環境となっています。
なので肩の力を抜いて参加できますよ~

意気投合すればその場でマッチング!即日内定ゲットしましょう!

まっすー

⇩⇩そんな社長たちと直に話せるイベントはこちら⇩⇩

就活初心者に安心!リクルーターによる適性診断、対策も可能!

満足の行く就活には一人で立ち向かうには困難ですよね。
そんな就活性の大きな味方になってくれるのが【リクルーター】です。イベントでは貴方にぴったり付いてくれて心強い味方になってくれます。
イベントでは徹底的にアドバイスをしてくれ、サポートが手厚いです。
過去何千人も就活性をみてきたリクルーターだからあなたの適性も導いてくれます。
そこから企業紹介や選考サポート、就活相談などプロに任せちゃいましょう!

悩んだら第三者からの意見がGOOD!中立的な立場の人の言葉が一番的確なんです。

まっすー

履歴書対策も!書き方から構成など何でもどんなことでも質問OK!

イベントにはリクルーターが一人一人についてくれてとことんサポートしてくれます。
就活対策してこなくて履歴書の書き方も分からない人も安心。
その人に合った対策を施してくれて満足のいく履歴書になること間違いなしです。何でも質問しましょう!

⇩⇩リクルータの方に何でも相談できるイベントはこちら⇩⇩

スポンサーリンク

【まとめ】就活対策は本やネットでは分からないことだらけ!直接会うのが鉄板です!

就活が不安でネットや本で調べたりする人がいますが、何より重要なのは直接目で見た経験です。それが本当の就活対策。
イベントには様々な人生を歩んでこられた企業の方を始め、就活に悩める就活性を見てきたリクルーター達が貴方を待っています。
そこにはあなたの知らなかった業界や仕事に情熱を持った面白い人たちがいると思うので自分と価値観の違う人達と揉まれる経験をしてみてください。
きっと道が開けますよ。

未体験の業界が知れるイベントはこちら