うみがたりのイルカショーsunset verの時間と楽しみ方!

今回はうみがたりのイルカショーの夕方バージョンの「ドルフィンパフォーマンス~sunset~」を見てきました!

このドルフィンパフォーマンスは日中で行われるパフィーマンスと内容がまるっきり違うんです!

普段のものは日中に複数回行われるものに対して夕方バージョンは一日に一回きり!これは見るっきゃないでしょう!

イルカショーsunsetの時間

平日で5回、土日祝で6回一日に行われます。

そのトリを務めるのが「ドルフィンパフォーマンス~sunset~」

期間で以下のように時間が異なります。

6/27~7/31 18:30

 

8/1~15 18:15

 

8/16~31 17:45

と夕日が沈む時間に合わせてパフォーマンス開始時間が変化していきます。スタート時間を間違えないように注意しましょう。

ドルフィンパフォーマンス~sunset~の内容

会場の雰囲気は夕日がかかりいい雰囲気に。

うみがたりのイルカ達の名前

イルカたちは全部で3匹でそれぞれ

  • アーチ メス
  • メイビス メス
  • アルク オス

がパフォーマンスをしてくれます。

ドルフィンパフォーマンス~sunset~の説明

夕方に行われるイルカショーの説明を飼育員さんがしてくれます。

日中はアップテンポの曲を用り、夕方はクラシックのゆったりとした音楽を採用しています。

それは日本海の夕方の雰囲気とイルカ達の飛ぶシルエットを楽しめるように曲も合わせて考えられています。

最初の5分はパフォーマンス、最後の5分はフォトセッションの時間が設けられています。

最初の5分はショーに集中でき、残りの時間を写真を撮る時間に充てることができるので、上手くショーを見たいという方は参考にされてみてはいかがでしょうか?

ショーがスタート!曲は葉加瀬太郎の「エトピリカ」

「エトピリカ」に合わせてイルカ達が次々にジャンプを披露します。

続いて、お腹を見せながらぐるぐる回って泳いでいます。

お次はバーの上を高々にジャンプ!

水槽の周りをぐるぐる泳ぎます。

お次は大ジャンプからの宙返り!会場からも「オー!」と迫力が伝わります・

お次は2匹同時にジャンプ!息もぴったりです。

前半の5分が終わると。次はフォトセッションです。

トレーナーさんが次は「前方宙返りジャンプ」と事前にイルカ達の行動を教えてくれます。

イルカ達の飛ぶタイミングが分かるので写真を撮りやすくなっている。ということです。

次は3匹同時!

なぜこんなにも息が合うのでしょうか?

最後に尻尾を振ってショーが終了!夕日がきれいですね。

スポンサーリンク

まとめ

一日の最後のイルカショーとだけあって希少なショーとなっています。

平日にも関わらずお客さんも席がすべて埋まるくらい入っていました。

見どころは何より、夕日とイルカ達のシルエット!夕日は晴れていないと見えないのですが、普段とはまた違った景色を味わうことができます。

合わせて読みたい

うみがたりの割引券については以下の記事で解説しています。

【割引券あり】上越水族館うみがたりの料金!前売り券、年間パスポート